Saturday, August 27, 2011

Sneak Peek of Black Harlequin - Tour Stop at the eBookstore "One Shot"


Lo schermo di sarà slays la manopola piu vicina
 via bandiera colonna di temo benche
squuillino  fortemente,
 gemma oltre manopola lentamente se nasconde
 nella luce oscurantesi, raggi
 del cotone egli punto
 Ed I carillon con egli peso di oro,
di jade dei royals
 Dell turchese che affascino mentre
perfuming e lustrano
 lo inorporazione del prezioso,
dell' aria Grosseto e  respirano
 oltre colonna maestosa delle piramidi la sudò
 bellezza nelle ombra,
 via bandiera colonna che abbracciano ancora egli
 tempo, bestilling




So it begins again, now, unfolding from the pocket of goodbye to the day as a black rose unfolds its magic. Emystary’s eyes deepened with sincerity, listening and piercing into Eb‘s nonverbal language as she focused on the dimming of Eb words. Emystary, with the tip of her fingers brushed his chin spiraling around to the side of his face with the back of her nail bed brushing the canvas of his words, her lover’s lips were a canyon that ran deeper than the surface of his lips, jaw and his kisses. Eb seemed to drift with the passing of Emystary’s finger tips across his lips, under his bottom lip and down his chin, then with the same stroke of her fingers chased the corners of his mouth, which was now opening the closer Emystary leaned into his chest with the intoxication of her fingers. What wasn’t going to end, was the beating breath of Emystary’s multiple touches Eb loved across his bare body Emystary was looking at from his heels to his lips, which now caught hers with the same breath of rhythm that her hands carried down his anterior of his body ending the element of control his posture concealed. Before morning’s witness through, Emystary’s forecast was sure to have amassed Eb’s pleasures without a miss of the thighs and hips she was now embracing generously below the torso. Eb responded by grabbing Emystary by the arch of her knee and the union of her thigh almost conceivably as instinct deep between the shadows and last hours of the early morning lost to passion. The lost, loose buttons on the black collared business shirt and dress slacks Eb wed during the day lay in the silk shadows of his bare body, direction, and hours through time wrapped in the absence of pretense.



Recorded Audio Clip from Audio Book




French preview
(The slowly they began to drop into the shawdows of the covers)
…alors lentement ils ont commencé à laisser tomber l'ombre de leurs corps dans les couvertures, ce qui est devenu un centerfold des corps. L'eb a tenu les mains d'Emystary avec une prise qui est devenue un embrayage étroitement tissé comme Emystary s'étendent dans le halo de l'eb, son coffre serré dans elle en arrière, le rythme de leur caresse était un film silencieux cassé par la chanson de vent de la langue de corps qu'elles ont communiqué toutes les fois qu'elles sont devenues plus profondes dans les thérapies de la conversation non-verbale…
(Emystary, with the tip of her fingers…)
Emystary, avec le bout de ses doigts s'est brossé le menton se développant en spirales autour au côté de son visage avec le dos de son lit d'ongle balayant la toile de ses mots, les lèvres de son amoureux étaient une gorge qui a couru plus profond que la surface de ses lèvres, mâchoire et sienne embrasse. L'eb a semblé dériver avec le dépassement des bouts du doigt d'Emystary à travers ses lèvres, sous sa lèvre inférieure et avaler son menton, alors avec la même course de ses doigts a chassé les coins de sa bouche, qui ouvrait maintenant l'Emystary plus étroit penché dans son coffre à l'aide de ses doigts. Ce qui n'allait pas finir, était le souffle battant des contacts multiples d'Emystary que l'eb a aimés à travers son corps nu Emystary regardait de ses talons à ses lèvres, qui ont maintenant attrapé le sien avec le même souffle du rythme qu'elle des mains a porté en bas du sien antérieur de son corps finissant l'élément de la commande son maintien a cachée. Avant le témoin du matin à travers, Emystary était sûr d'avoir les plaisirs d'un eb amassé sans manque des cuisses et des hanches qu'elle embrassait maintenant généreusement au-dessous du torse. L'eb a répondu par Emystary saisissant par la voûte de son genou et l'union de sa cuisse presque peut-être comme instinct profondément entre les ombres et les dernières heures du matin tôt a perdu à la passion. Les boutons perdus et lâches sur le noir collared la chemise d'affaires et les mous eb de robe wed pendant le jour étendu dans les ombres en soie de son corps, direction, et heures nus par le temps enveloppé en l'absence du pretense. (…the absence of pretense)
 



La salle de salon, la salle dinante,
la cuisine, la première salle,
champagne pièce la salle de jardin la salle de plume
 la salle de jeu, le repaire,
chambre à coucher, le bain public, ou... La salle de salon,
 la salle dinante, cuisine, première
pièce, la salle de champagne la salle de jardin la salle de plume la salle de jeu, le repaire, la chambre à coucher,
le bain public, ou...La salle de salon, diner la pièce, la cuisine, la première salle,  la salle de champagne la salle
de jardin la salle de plume la salle de
jeu, le repaire, la chambre à coucher, le bain public,
ou... La salle de salon, la salle dinante, la cuisine,
la première salle, pièce de champagne la salle de jardin
la salle de plume la salle de jeu, repaire, chambre à coucher, le bain public, ou... La salle de salon, la
salle dinante, cuisine, la première salle, la salle de champagne la salle de jardin la salle de plume la salle de jeu, le repaire, la chambre à coucher,  le bain public, ou... La salle de salon, la salle dinante, la cuisine, la première salle, la salle de champagne...







Capsule De Temps




Une belle pensée est venue jamais
s'introduisant la brume de
l'agitation et l'hésitation merveilleuse
A de l'anéantissement
A la séparation que remarquable éclairant
mon jour que someway même dans
la brume d'une humeur inconfortable
quelqu'un spécial est devenu la
fascination de l'hésitation A a basée à l'heure passé vous
contemplant flash de A dans la capsule
de temps pourtant pas trop il y
a bien longtemps moment de A de réflexion est venue jamais rampant à
travers dans la brume de l'agitation
j'ai hésité à penser à vous,
À plusieurs reprises
Temps souvent ledit n'attend personne
mais jamais capture encore, et remet
encore la blessure près puisque l'heure
d'hier jusqu'à ce que je vous voie aujourd'hui est venue rampant par Hesitation,
dans les pensées, beau
Pensant à vous encore, et encore






Chiffres d'affaires De Satin



J'aime un petit déjeuner des notes confortables
de chiffres  d'affaires de satin à côté de moi des chiffres d'affaires cachés de satin de plaisirs quelque chose de spécial - accès la manière le pli n'importe comment beaucoup d'années lacent 365 et 366 quelque
chose de des charmes mystiques d'accès de chiffres d'affaires spéciaux de satin semblent
dévoiler si vous les tenez bien


360の香り、またはDeiselだった?、と最後の日circumferenced襟および固定360ない宝石を収集する075のバルブの横にスライドrhythmed
鑑賞深く、耳ざわりな男性に注意し、彼女
上品かつ慎重に彼を歓迎する喜び
前に、今日の壁紙が時間に
のデジタルコードのように落ちて彼女の
コンピュータと仕事今朝の恋人二日酔いから彼女を免除
唯一の彼女の目は大量に服用した場合の言わなかった
情熱ボーダーレスの翼
彼女はエボニーで次の12時間を保持するために計画し
ていた
唯一のバーホールドが開発された
この夜の空は海外旅行どこに
彼の声は、前の彼の手紙のように開いた状態で
集団交渉力
イベントの注意事項
日付、時刻やエピソード
調査追求し、ダンスビート
ホット着信音や短時間セックス
約束手形は、先に彼女を取得する
説得力のある交渉の約束手形
約束手形を保持するために
窃視症は、越えることの契約を望んでノートをエコー
彼女は公募との会話を終了
黒檀は、呼び出しから、単なる時間に到着する
彼女は彼女のワードローブ渡り、自身がなだめるために
だけでなく、エボニーが彼女
白いストラップレスのドレスの前菜
と香水だけでエボニーの右になる
デジタルcayos、キューカードに書かれた数字
彼のナイトの手の届くところに
彼の出発を待っている
太陽は、すでに日の住居を出発していたとして
一目一度自分自身でより
彼の額は、セクシーな男らしさとハングアップ
完璧にはまだ彼女キスと鳴った彼の生え際を満たす
出口は1時間と出会い、それは時間だった
から離れての手順は受け入れる彼女
距離は、曜日や時間以内に短縮した
あの時の、以前はイライラを植え付けていた
と悪寒の日を手招きの抱擁
最後に、
彼の飛行外から一夜
時間の4つの遊びがダウンして減少して直前記念品が取
り残されて
黒檀のパルスシステムを充実させ、頭の中で彼を少し開
放した
しかし、彼は、文字が約束していた佞者に彼のノートに
残った
彼女は多くの距離を考え全体ハイジャックしたダンスが
始まる前に
オーケストラは交響曲のバックグラウンドで演奏し始め
夜風が、部屋の向こう側にビーチから次の水の音
エボニーが再び展開として受け入れるに大きく成長を見
詰めると、アートが再び展開
シャワーが霧の熱帯雨林を例える小雨
蒸気とくっついた雰囲気のhumidty
これは、二日目の夜の情熱の思いのようにしがみついて
今ではそれを家に持って終了ロマンチックな休暇をして
時間でした
黒檀のようになりますか
ちょうどその時、電話が鳴った
それはホテルからお花屋さんでした
黒檀ささやいた何か女性のために食用今夜
彼の口調は、花屋さんreporeを示すように
してリンギングと同じように消費
思考に置き換え
一日
サロンスパでは、官能的だった
まだ不完全な
期待に
再びrundevue
官能的なサロンスパの前菜
一日の加重不完全性を平定
サウナの暖かさ、感情線を持って
熱波に誘われ、エボニー手招き
therapuetic時間は確実に絶頂理事会と一緒に過ごした
ここ数日の皆既日食で
EBをも圧倒されていた
予想以上に受信
という彼の迷いをトリミングどんな感情的な手荷物
早く追求はなくなっていたの
彼の魅力的な会話の後、今日
この週末に更新されたことを火花
今夜は夜だった
それはすぐに降りて
CDM理事会の新しい前に、彼はペントハウスのドアを
開けていた
お花屋さんとEimystaryの
彼女は非常にエレガントに見えた
Eimystaryの入り口がで開か..
場所内のすべてのパースペクティブ..
これは三日目からでした...
EBの絹のような声が出円熟
ソファの背面とに色あせた
EmyistaryのCDM理事会が、彼の腕の中で
Emyistaryを実行して結合、受け入れる彼
彼女の背筋腕は彼女がしっかりと巻かされるまで
彼の体共振器EmyistaryはEbにまたがって、彼の振動
のリズムに合わせて移動
夜明けまでリネンのファブリックに夜のもつれ感情のリ
ズム
ゾーンEbはしばらくの間、Emyistaryとの関係を取
って予想されていたことを確認します。
空気のEmysitaryの供給が少なく実行まで、Ebは用
量、液体キスおよび永続化
彼は時々想像するのが大好き繊細なフレームワーク上に
岩のような砲撃が打つ
それらのうちの2つをリンギングの遠い鳴るの間にスカ
イライン間で共有していた。
Ebのペントハウスをpentratedと足跡が を持つ別の、かなり興味深い魅力的な夜EBの手順をマッピング左スポットライト は、彼がすでに彼の男性的な特徴を持つ脚光を保持Eimystary目続いて、バスルーム、自分自身を中
delibarate
彼は鏡の中に自分の笑顔に
発癌性のような余波と曇って
アーチ型の天井、水の彼が収集したスプラッシュに目を
閉じる
蛇口の下にガラスのボウルから。
彼の脱出を締結することが前
分のバスルームの壁に寄りかかった。EBの胸に刺さった粘着性、EBのペントハウスにEbは、バスルームに
Emiystary
ッドボードとベッド室晩に対する体のストッキング
の動きから二日酔いされてから動くことができるドアの
向こう側に彼を満たしています。
たぶん
夜明けを迅速に消失
フラッシュ熱の供給に近い
場合と同様、彼女はEbのルネサンスのヘpannickや恐怖のEmyistary移動をした
EB
古典的な動きや休日の彼の魅力に恵まれた。
のキューピッド弓との戦いの戦いは、今夜は彼女の行を
書き換えロープに
彼女は頭の中で十分なリハーサルを行うことができませ
んでした。
ダンスホールや汚れダンスから航海
な、カスケード波
の体を介して。 Ebは、夏冬から上品されたEmiystaryを持っていたEbは全体tatooed考えを残しましたEmyistaryの穏やか..
タペストリー
広げる私のタペストリー
lojacked
vibeline
それは着実に打つ
あなたのことを行う
広げる
遠くから
あなたのレーザー光
私の書斎の火
炎の
パルスハーフタイムにちらつきが打つ
成長
加速
らせん
日常
章の最後に高速道路のパスポート
私は道端に座って、この絵の渡り
主人公のテーマ曲は低聞いた
ないクロスジェンダーバイアス
これは、フィットが進化かのように見えた
想像力のリネンは、焦点を合わせたよろめきとして
タペストリーを広げるわで
ワイナリーからのワイン
冷たいもはや
高級レストランの後に
新しいお金は古いです
しかし、同じようにスピン
コイントスで
変更
表か裏か
発見
浮き沈み
熟した果実の戦利品
ワインの先端がつま先のある
寒されなく足跡
波打つ
頭の末尾に
血赤
古いお金のダイニング
まだ
spinnng
クルクルヘッドを
飲酒中毒から
ワイナリーからのワイン
もはや寒さ
銀は上のバブリング
タップの静脈から流出
冬の深い葉
中心部にワイン樽、
インクによってエコーブドウ
ねじれ交流トン
地下室の幽霊
時間の風がゆっくりと出発
砂の仕立て屋としてのガラス
ミントのいずれかの海賊の味を十分に
もはやワイナリー寒さからワイン
(新たなお金が、早く引き継がとして過ごした)
(砂は、ガラスを合わせて)
永遠に
ミッドナイトタンジェリン
そのことは次のようにみかんの開口部が付属しています
スプレー
その外側にミカン油を剥離ネーブルオレンジ、一体何か
の操作を行います。テキサス州のお茶
持ちの
あなたはミカン油を意味ですか?
だろうか
胸の甘い蜜の詩的な丸みを帯びた曲線を開ける
Enterキーを押します腐敗/"として金""その香水の向きの"と彼女は続けた
silkened
月明かりの下で収穫収穫の労働者の表現ポニーの夜のさ
さやき
タンジェリン油の香り収穫果実を見る人熟緑の親指の牧
草地
ーのスプレーに酔う
照明体の
を深めて
まだ混入日カクテルを残留真夜中のみかんの、ドープは
冷たいメディナを愛して
薄手の始まりbetwisted誘惑と狂ったとミッドナイトみかんのグロGListの、キラキラして語彙や宥和のキスの色


Emiystary
の近くに運ば
を実行している部屋の向こう側にエコーされま
す。

Eb
していないていた服を脱がしている可能性があり
ます
座。一度彼の王のサイズのローブに包まれた彼は
自分の考えを収集し、結論に来ていた夜の調査で
夜空の光は

Japanese verses
Tapestry, mid-nite tangerine, mystery…

ハーレクイン
黒檀の影
昇る太陽のようにこっそり
夜の空気の色相を鋳造
唯一の風で区切ってささやく
ヴィジョン蓋によって運ばれるものはだ
それ以降、過去の瞬間に来て
自分の肌にかすかな毛が一緒に立って
エリス
の夜の服装
唇は、
チョコレートダイヤモンドの費用
エレガンスの脇に置いて誰も
上品な、赤道ギニア
ちょうど彼女の味
彼女は東洋のシルク細片をスライドとして残留
ダンスホール脚全体
ちょうど彼の味、ちょうど彼が思い出したように
これらの同じ足のツイストシャーイ
彼の言葉に合わせて踊る
色相が全体ささやき
まだヴィジョン蓋によって運ばれる、残っ
、私を逃す前に影がパフォーマーに追いつくまで
風が持ち帰るように見えた
イベントの注意事項
日付、時刻やエピソード
調査追求し、ダンスビート
ホット着信音や短時間セックス
ビーチサイドの水を受け入れマイアミ日
唯一の副は実現しなかったものです
トリガーにためらってからの時間または損失
彼の襟に口紅
彼はガラス張りのシャワーのドアから一見、彼は見て
と彼の飛行から時間
彼の飛行外から二泊以上
それはシャワーの床に収集し、水は小石
彼は
次に油や粉塵メンズコレクションの花を重ね夜
黒の綿の層は、リブ、骨に合わせてリネンに対する
彼が集中し、ビジネス紙に集中しようとした
しかし、彼女の毛皮から気づいた毛は夜は端から薄い衣
は彼のズボンにすがりついていたトリミング
この時間にシャワーからドレープ彼を持っていた異種の
エゴイズムを中断する
最後の対策の努力にダンスを保持して今の考え
彼の考えを開催し、それは、アラームを鳴らす時間だ
った
彼女はスイートのマスタールームに入ると鳴き声は、彼
女の電話から歌い
キューバスネーク
ことが非常にスポットの動きにホイールを設定する
彼の声は彼女の電話での

No comments:

Post a Comment